人気記事:【役に立たない!中1娘 英検準1級 合格記】はコチラ⇒ CLICK!

小学生【英検2級に多読で合格】これが読めれば合格するシリーズ絵本11選!

英検2級に多読で合格する本11選
昔のミネア

小学生が英検2級に勉強しないで合格?すごく優秀な子だよね?

私が子どもに「おうち英語」をする前は、そう思っていました。

わが家の娘は天才というわけではなく読書好きな普通の女の子。小学校1年生の春までアルファベットも知らない子でした。

それでも娘は4年生で英検2級に上位1%で合格。いわゆるテスト対策は一切せず代わりにしたのは英語本の多読。

執筆者ミネアの簡単なプロフィール
  • 2015年春 小1、年少の子どもに「おうち英語」スタート
  • 親の英語力なし、留学なし、インターなし、高額教材なしで、娘は4年弱で英検2級に県内上位1%で合格、勉強ゼロで中1で英検準1級に県内上位5%で合格
  • 姉弟の日常会話は英語

詳しくはプロフィールをごらんくださいね🌸

わが家が取り組んだおうち英語はコチラ⇒おうち英語の始め方

この記事では娘が英検2級に合格した直前3ヶ月の間に読んだシリーズ絵本を紹介します。

この記事で紹介した本を楽しんで読めるなら英検2級は合格圏内です!

娘をバイリンガルしたおうち英語の始め方を知りたい人はこちらの記事⇒英語苦手ママでも・小学生からでもできる!「おうち英語」

英検にも通用する多読を始めたい人はこちらの記事⇒小学生・中学生から始める英語は多読で決まり!!

スポンサーリンク
ジャンプできる目次

英検2級に合格するシリーズ絵本11選

YLとは本の読みやすさを評価する基準「読みやすさレベル」(Yomiyasusa Level)のこと。YL0.0~9.9まで。YLの値が小さいほど読みやすい。YL0.0は文字のないもの。YL0.1は1ページに1文。数語。
ORTのStage1は、YL0.1。ハリーポッターはYL6.0~6.5。

>>>多読の詳細は小学生から始める英語には多読がおすすめ

1. Nate the Great

YL 1.2~1.8
語数 1,500~2,500
3ヶ月で娘が読んだ冊数 3

全29巻。英語圏での対象年齢は6~9歳。

パンケーキが好きな少年探偵Nateがナゾや事件を解決します。

なくした犬の絵を探すというようなかわいらしい事件だけど、ちょっとした手がかりから筋道をたてて考え解決していく道筋はおもしろいですよ。

日本語訳もされているので英語が苦手なママも下読みができます。

ミネア

絵本を卒業して、最初のチャプターブックとして最適です。所蔵している図書館も多いです。

2. Mr. Men and Little Miss

YL1.5~2.0
語数800~1,000
3ヶ月で読んだ冊数2

Mr.Menシリーズが全47冊、Little Missシリーズが全34冊。

世界30カ国以上で、累計2億冊以上も販売されている人気シリーズ。

Little Miss Busy, Mr Funnyなど、1冊に1つのキャラクター。そのキャラクターは人間の1つの性格を表現しています。キャラクターの性格ゆえの展開がおもしろかわいい!

本のサイズも持ち運びもしやすく、かわいいキャラクターが表紙で飾りたくなる本です。

ミネア

性格を表す単語も楽しくたくさん理解できますよ

3. Rainbow Magic 

YL2.0~2.5
語数4,000~4,500
3ヶ月で読んだ冊数14

2人の女の子(レイチェルとカーティス)と妖精たちの冒険ファンタジー。
全200冊以上。7冊で一つのセットになっています。

それぞれの本に妖精の名前がついています。女の子が好きな妖精のお話でイギリスでも大人気のシリーズ。表紙はキラキラして女の子が気に入りそうなかわいい絵です。

英語圏の保護者の間では、話の展開が似かよっていて使われる単語も偏り気味という評判も。
おうち英語的には、それが単語のイメージを定着させる目的の多読に向いているといえます。

ミネア

娘も大好きで2年ほどなんども繰り返して読んだシリーズです
シリーズの冊数が多いのでこれを気に入ってくれるとインプット量がふえていいですね

4. Marvin Redpost 

YL2.5
語数4,500~8,000
3ヶ月で読んだ冊数6

有名な児童文学作家「Louis Sachar (ルイス・サッカー) 」の人気シリーズ。全8冊。

小学3年生のMarvinが主人公。1巻では生意気にも思えるMarvinですが、実はとっても良い子。個性的なお友達もいて、Marvinの日常生活がしっかりとしたストーリー展開で描かれています。

ミネア

英検3級レベルかな

5. My Weird School

YL2.5~3.5
語数6,300~7,800
3ヶ月で読んだ冊数30

全21冊。

主人公は小学校2年生のA.J.。アメリカの小学校が舞台。

字が読めない、足し算、引き算もできないよ、という担任の先生。変な大人たちがそろったWeird School 。こんな学校だったら子供たちも楽しく学校に行ってくれそうです。そして、そんな先生に負けじと生徒も相当変わっている子どもばかりでおもしろい!

関連シリーズ MY Weird School Daze:全12冊

ミネア

男の子にも女の子にも人気のシリーズです。

6. Mr Majeika

YL3.5~4.5
語数7,300~12,000
3ヶ月で読んだ冊数15

全13冊。イギリスの児童書。

学校に突然”魔法のじゅうたん”に乗った魔法使いの先生がやってきます。
魔法なんて信じられていない世界。普段は魔法を使わないようにしているMajeika先生ですが、クラスの悪ガキにカッとなって魔法を使ってしまいます。でも魔法の解き方を忘れてしまい・・・

7. Geronimo Stilton 

YL3.5~4.5
語数7,000~11,000
3ヶ月で読んだ冊数15

全75冊以上

ネズミの国の新聞記者Geronimo Stiltonの冒険物語。
1巻では宝さがしに出かけます!

このシリーズは全編カラーで文字のフォントや色がくるくる変わって色鮮やか♪
見るからに楽しい本です。アメリカAmazonで中身検索もできるので一見の価値あり。
絵も多いので読む手掛かりになります。

8. Thea Stilton

YL3.5
語数13,000
3ヶ月で読んだ冊数4

大学生の女の子(ネズミ)5人の冒険ミステリー。

Geronimo Stiltonの姉妹本なので、本全体のポップな感じは同じ。カラフルで見ているだけでワクワクするような本です。

Geronimo Stiltonが好きな子は気に入ること間違いなし。

ミネア

娘が今でも好きなシリーズ。ほとんど購入しました。

9. Diary of a Wimpy Kid 

YL4.0
語数
3ヶ月で読んだ冊数8

小学校から中学校に上がったばかりのGregは、ある日母親に日記を書くよう言われます。Gregが書く日記形式の本です。ダメダメGregのクスッと笑っちゃうような暮らしぶりが、楽しく読み進められます。日本語訳が『グレッグのダメ日記』として出ています。

男の子が書いている日記という設定ですので、くだけた表現が多いです。

ミネア

娘はケラケラわらいながら読んでいました!
アメリカの子どもの生活ものぞけますよ

10. Naughtiest Girl

YL4.0~4.5
語数30,000~40,000
3ヶ月で読んだ冊数1

全10巻

おてんば娘のElizabethは全寮制の学校に入学させられることに。学校が嫌でたまらないElizabethは家に帰るためにわざと大暴れして退学になろうと画策します。でもこの学校は問題が起こるとみんなで話し合いをして解決。1学期で帰ろうと思っていたElizabeth にも友達ができ学校が大好きになっていきます。

ミネア

こんな学校があったらいいなというお話
図書館になく、購入しました

11. Dr. Slump

YL3.0
語数5,000
3ヶ月で読んだ冊数18

全18巻

言わずと知れた鳥山明さんの『Dr.スランプ アラレちゃん』の英語訳のマンガです。アラレちゃんはTVアニメでも放送していますよね。

アニメを見たことがある子はなじみがあって入りやすい。ギャグ満載。おもしろいので娘も何度も読み返しています。

ミネア

休憩でも英語のマンガを読んでくれると多読が進みます

多読を英検に繋げるポイント

多読の基本は楽しんで本を読むこと。

むすめ

英検直前だからレベルの高い本を読むぞ

ということもなく色々なレベルの本を読んでいました。

基本的には選書は本人の意思に任せることが大切です。

ただレベルアップをしてほしい時もありますよね。そんな時は

ママ

おもしろいって人気で、気に入りそうな本みつけたんだよ~

と楽しそうに声掛けしてみてくださいね。

年齢が高くなって本人が「英検に受かりたい」と意思がはっきりしている場合は

英検に受かるレベルはこのくらいの本だよ、と伝えるのも1つの手段として有効です。

英検2級直前に読んでいた読書量

ミネア

読書量はがんばったな、と思います
どのくらい読んだかもこの記事で紹介しますね

年月冊数語数
2018年11月39314,333
2018年12月37237,495
2019年1月79523,541

英検2級1次試験直前3ヶ月の合計155冊。

まとめ

娘の場合、YL1.2~4.0の本を夢中になって読んでいました。英検2級の結果は上位1%(英検準1級 合格圏内)という結果。

YL3が楽しめるくらいでも英検2級は合格圏内です。

ただ多読だけで対策なしの場合、量はこなした方が良いでしょう。

ここで紹介した本はシリーズもので長く楽しめます。

また面白くて英語圏でも人気でおすすめのシリーズばかりです。

  • YL3~4レベルの本が楽しく読めると英検2級にゆとりをもって合格できる
  • 読書量はこなそう
  • 子どもが選んだ本を尊重しよう

多読記事:親子で英語の多読を始める前に読むと役立つオススメの本3選

娘をバイリンガルしたおうち英語の始め方を知りたい人はこちらの記事
英語苦手ママでも・小学生からでもできる!「おうち英語」

英検にも通用する多読を始めたい人はこちらの記事
小学生・中学生から始める英語は多読で決まり!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
ジャンプできる目次