人気記事:【役に立たない!中1娘 英検準1級 合格記】はコチラ⇒ CLICK!

【子どもの英語】失敗しない「おうち英語」の大前提

おうち英語の大前提
ミネア

子どもが小学生になってからママ友に「どうしてそんなに英語ができるの?」とたくさん聞かれます

おうち英語は始めないとホントにもったいないな!と思っています。

高額教材を買わなくても子どもはできますよ!

お子さんの能力を信じて環境を整えてみませんか?

そして始める前にこれだけは理解しておいてほしい大前提。

この記事ではそのことについてお話しますね。

執筆者ミネアの簡単なプロフィール
  • 2015年春 小1、年少の子どもに「おうち英語」スタート
  • 親の英語力なし、留学なし、インターなし、高額教材なしで、娘は4年弱で英検2級に県内上位1%で合格、勉強ゼロで中1で英検準1級に県内上位5%で合格
  • 姉弟の日常会話は英語

詳しくはプロフィールをごらんくださいね🌸

わが家が取り組んだおうち英語はコチラ⇒おうち英語の始め方

>>>くわしい英語歴はプロフィールをごらんください

スポンサーリンク
ジャンプできる目次

「おうち英語」はカスタムメイド

「おうち英語」は子どもひとりひとりの興味やペースに合わせるのが大原則です。

ひとりひとり始めた年齢、好きな事、理解のペースは違います

当然「この順番でやれば必ず成功します」とか「この教材を使えば成功します」

というモノではありません。

もちろん、大まかな流れや押さえておきたいポイントはあって、このブログで紹介していきます。

それを理解したうえで、自分のお子さんをよく見つめて、その子に合わせてカスタマイズしてあげましょう。

× みんながオススメの本だから、興味のない分野だけどこれを読ませよう

◎ 最近、動物が好きだから動物のでてくる絵本をさがそう

ミネア

今、うちの子が好きなのは何かな?それに英語をからめることはできるかな?
と考えてみましょう

日本語を大切に

このブログを見てくださっている方のほとんどは、母国語は日本語だと思います。

「将来、英語圏へ移住する」等でない場合、お子さんの日本語を育むことも大切にしてください。

ミネア

セミリンガル、ダブルリミテッドという言葉を聞いたことがありますか?

  • 1つの言語を使いこなす人をモノリンガル
  • 2つの言語を使いこなす人をバイリンガル
  • 日常会話など2言語を使えるけど、どの言語も年相応の言葉を使いこなすことができない状態をセミリンガル、またはダブルリミテッド

言語は思考の源です。

つまり「おうち英語」でいうセミリンガルは、日本語でも英語でも深い思考ができない状態

ただ、私のまわりの「おうち英語」っ子にセミリンガルを感じたことはありません。

わが家の場合、娘6歳・息子3歳からおうち英語を始めました。

その年齢まで日本語だけで育ち、幼稚園、小学校もインターではなく公立の普通の学校です。

このような場合はあまり心配しなくていいのではと思います。

ミネア

あのとき「おうち英語」を始めて良かったな、と思っています♪
赤ちゃんからはじめる場合、ママがずっと英語で語りかける場合などは気に留めてくださいね

子育てあっての「おうち英語」

子育ての中に「おうち英語」を入れという意識を忘れないでください。

「おうち英語」に夢中になるあまり

  • ”読み聞かせを聞いてくれない”と悩んで難しい顔をしていたり
  • ”なかなか英語を話しはじめない”と落ち込んでいたり
  • 思うようにいかないことで親がストレスをかかえて子育ての余裕がなくなる

時にはそんなときもあるでしょう。

でも長期間そんな状態なら「おうち英語」は休みましょう。

ミネア

また余裕ができてから、はじめても大丈夫

”子供に英語を”と考えるあなたは、お子さん想いの子育てに熱心なパパママです。

子供の将来がより良いものになってほしい、

子どもの笑顔のために始めるんですよね。

ところが、いつのまにか子供に英語を覚えさせることだけを中心に考えてしまうことがあります。

そのことで親子で笑顔が減ってしまったら本末転倒。

ましてや無理強いして「英語キライ」にしてしまったら元も子もありません。

「おうち英語」はあくまでも子育ての中に取り入れていくもの

それをいつも心の片隅に置いておいてくださいね。

ミネア流「おうち英語」

わが家では小学1年生と年少さんの春から「おうち英語」を始めた、と所々で紹介しています。

その経験を踏まえて、このブログは3歳以上向けに書いています

赤ちゃんから始める「おうち英語」でも、このブログでお伝えするコツや流れ、この記事の大前提は同じです。

ただ、インプット期間を長くする等してくださいね。

子どもに英語をプレゼントしよう

この記事のまとめ

子どもひとりひとりの興味やペースに合わせましょう
日本語を育むことも大切にしましょう
子育てあっての「おうち英語」ということを忘れずに

今このブログを読んでいるあなたはお子さんの将来を気遣う良いパパママです♪

ミネア

おうち英語、あなたならきっとできますよ
お子さんに英語力をプレゼントしてみませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク
ジャンプできる目次